トナーを再充填したレーザープリンターのリサイクルトナーとは

トナーを再充填したレーザープリンターのリサイクルトナーとは 家庭用で利用されるプリンターの多くはインクジェット方式ですが、ビジネスで使用されるプリンターの中にはレーザープリンターと呼ばれる種類の機械が多くなってきます。
インクジェット方式に比べて素早い印刷が可能であるのが特徴であり、インクの代わりにトナーと呼ばれる粉を圧着して印刷をします。
しかしこのトナーは非常に高価であるのが一般的です。プリンター業者のビジネスモデルが本体を安く販売しトナーで利益を出すという形になっているため、この問題が発生しています。
このようにして発生する印刷コストの高騰を防いでいるのがリサイクルトナーと言う存在です。
リサイクルトナーは使用済みのトナーの容器に粉を再充填することによって繰り返し使うことができるようにした商品のことです。メーカーが製造するのではなく、第三者のサービスとして提供されるため容器を作らなくて良い分、価格が安くなるのが大きな特徴です。
このリサイクルトナーを上手に活用することによって大きなコストダウンが可能になるのです。
レーザープリンターの中でも少し古いモデルになるとリサイクルトナーが多く普及しているため、魅力的なコストで印刷をすることができるようになります。

プリンターに使用する環境に優しい再生品であるリサイクルトナー

プリンターに使用する環境に優しい再生品であるリサイクルトナー プリンターのインクカートリッジが空になると、多くは交換後ゴミとして廃棄されてしまいます。
インクカートリッジは産業廃棄物ですので処理コストがかかるだけでなく、使い捨てにすると環境にも優しくありません。
こうした捨てられるはずの使用済みインクカートリッジを回収し、分解洗浄して一部の部品を交換した後、新たにインクを充填したものがリサイクルトナーです。
新品の純正品トナーと比較しても発色や印刷の質に違いはなく、充填されているインクの量も同等で、リサイクル品であっても使用感に特に違いはありません。
一方でリサイクルトナーの価格はかなり安くなっており、コストパフォーマンスに優れているので業務で大量の印刷が必要になるほど大きなコストの差を生みます。
そのため最近では多くの企業で広くリサイクルトナーが使われるようになりました。
またトナーを使い捨てにせずインクを再充填してリユースすることで、排出されるゴミの量を減らすことができます。
さらに新品のトナーを製造するよりも資源を節約できるので、非常に環境に優しいと言えるでしょう。
このようにリサイクルトナーは品質面で純正品や汎用品に劣らず、環境にも優しいうえ、コストを大幅に省くなど、多くのメリットがあります。

リサイクルトナーに関するおすすめリンク

リサイクルトナー・リサイクルインクなどの格安販売店のサイト

リサイクルトナー